知っておくと便利!イーサネットとは 簡単解説

そもそもイーサネットとは?

イーサネットとは、コンピューターネットワーク規格の一つであり、世界中の職場や家庭など、様々な場所をLAN結んで情報を送受信している通信技術規格です。1970年代にアメリカで開発された当初は伝送速度が約3メガビットと小さいものでしたが、2000年代後半には10ギガビット超えの伝送速度にまで発展しました。皆さんは、これを利用してメールを送受信したりインターネットからアプリケーションや画像、動画などをダウンロードしているのですよ。

イーサネットの仕組みと構造

イーサネットは、1つの伝送回路を複数にわたってノード(受信者など)を物理的につなげて共有したネットワーク内を通信する仕組みです。しかし、この状態で情報を送信してしまうと、ネットワークにつながれたノード全てに送信されてします。では、どのようにすればいいでしょう。1対1で通信するときに登場するのが「MACアドレス」といわれる番号を使います。簡単に言うと住所みたいなものですね。このMACアドレスは、ハードウェア固有の番号を3バイトで構成されたコードを6バイトで番号を設定し、その番号を16進数表記します。この番組はハードウェア固有の番号なので同じものは存在しません。なので、これを使って相手を特定して、その相手に情報を正確に送信ができます。

イーサネットのメリット

イーサネットを使うメリットはたくさんあります。もちろん、皆さんが身近に感じることの中にもありますよ。まず、10ギガビット超えの伝送速度によって通信されているため、通信速度が速く、少ない遅れで相手に情報が到着します。メッセージアプリやメールなどを送信してすぐに相手が読める状態になるのはこの仕組みがあるからです。またネットワークの構成の自由度が高く、プロトコルの変更や拠点の追加などに柔軟に対応可能です。

イーサネットとは、インターネット通信を行う上で世界中で利用されている一般的なコンピューターネットワークの規格です。