新入社員は三つの視点からの研修で!その内容とは?

新入社員は受身的から能動的な姿へ

新入社員の多くは、学生時代から社会へ出てきている方が一般的ですよね。学校で学ぶ学業の多くは、受身的に学んでいる物であり、アルバイトなどの経験の無い方にとっては、自ら考えて能動的に働く能力に欠けてしまう事もありますよ。ここで、最適な研修があり、レゴブロックを使って好きな物を作りあげる内容です。この内容は、能動的な思いを高めてくれるのみならず、その形の姿から新入社員の潜在的な能力を見抜く事が可能です。例えば、進んで取り組む方は能動的な思いが強い傾向があり、多くのレゴブロックを利用している方は、細かい場所まで意識が届く物で、仕事を安心して託す事について判断する事が出来ますよ。

新入社員は、大きな声を出す研修を

新入社員とは、仕事が分からず、不安になってしまう事もあります。特に、一日目の研修とは、緊張のあまり、疲れてしまう事もありますよね。この疲れは、主に不安から生じる物であり、大声を出す事によって、不安を払拭し、抑制させている脳の働きを開放させ、力をみなぎさせる事が可能になりますよ。少し、恥ずかしい姿ですが、この恥ずかしい姿が逆に全てを受け入れる思いを作り出す事が可能になり、研修の効果を高めてくれる事もあります。大声を出す言葉の内容は、意味の無い言葉を発言するよりは、仕事に対するこれからの思いなどを口に出す方が効果的ですよ。

新入社員の研修時は、他の社員も入れて

新入社員のみの研修とは、一種の儀式の様な姿となり、研修の効果と言う物に実感が持てなくなる場合もありますよ。講師としてでは無く、新入社員と一緒になって研修を受ける他の社員がいると効果を高める事が可能です。実際に働いている方と一緒に行う事によって、実践の場をより意識する事が現れ、実践の場では大切な内容であると判断をしてくれる可能性があります。この場合の社員は、コミュニケーション能力が長けている人が望ましく、新入社員にとって話易い内容が、研修以外の仕事に対して質問し易い物であり、新入社員が現場においても、自らコミュニケーションを図り、率先して前に進む社員を育て易くなりますよ。

社員研修を行うことで、社員一人ひとりに対して様々な心構えを教えることができ、業績アップにもつなげることができます。