情報技術におけるクラウドサービスの優れた点とは何か?

会社員にとってのクラウドサービス

企業の中で昔からコンピュータ作業をしている人にとっては、クラウド・サービスの利点がわかりにくい面があるかもしれません。というのは、これらの人々は、コンピュータの操作に慣れているので、それがより一般受けするサービスになったと言っても、ピンとこない部分があるかもしれないからです。ですから、これらの人々が急にその会社を辞めなければならなくなった場合のことを考えてみると、なぜクラウド・サービスが良いのかという点が、浮かび上がってくるのではないでしょうか。

メール・システムをクラウドサービスで!

これらの人々が会社を離れると、今まで使っていた会社内のITシステムが使えなくなるわけです。そうすると、何が困るでしょうか?まず、毎日使っていたメール・システムが使えなくなるというのが、一番戸惑うかもしれません。そこで、例えば、グーグルのGmailというクラウド・サービスを使ってみることにします。すると、ほとんど何の導入作業をせずに、実質上は容量制限のないメール・システムをタダで使えるようになっているということに驚きます。

クラウドサービスのメリット

はじめは、使い勝手が違うので多少戸惑うかもしれません。しかし、会社内のメール・システムなら、システムのバージョン・アップごとに導入作業を行わなければならなかったり、自分のメール・ボックスの容量がパンクしないように毎月バックアップをとって旧いメールを削除していたりしていたことを思い出すと、このクラウド・サービスは凄いと思わざるを得ないでしょう。しかも、会社内のメール・システムは、会社用の自分のPCでしか使えなかったのが、これならインターネットに接続可能なPCなら何処からでも同じ様に使うことができるのです。

ファイルデータを持ち歩かなくても、ネット回線が繋がる場所ならどこからでもアクセスできるのがクラウドサービスの特徴です。