土地を手に入れたら賃貸経営!目的に応じた土地の使い方

マンションを建てて賃貸経営

土地を手に入れたら土地活用を考えなければ固定資産税で家計の負担になっていく一方です。将来に向けた資産としながら収入も得ていける方法として賃貸経営を行うのが近年のトレンドでしょう。マンションを建てて賃貸経営をすれば将来的に住むことも売ることもできる不動産として所有することができます。そのローンの返済に家賃収入を充てれば良いため、毎月の家計については実質的な負担なしに大きな資産を築くことができる方法です。

一軒家を建てて賃貸経営

マンションのように大きなものではなく一軒家を建てて賃貸経営をするという方法もあります。マンションに比べると初期投資が少なくて済むものの、家賃収入も一家族分となってしまうためあまり大きなものにはなりません。しかし、老後に住む家を建てておきたいという考え方をもって一軒家を建てて賃貸経営をするというのは巧妙な方法でしょう。老後には賃貸物件も手に入れづらくなることから予め住む場所を準備しておくと暮らしやすいことは間違いありません。

将来的な活用を考えて駐車場経営

将来的に家を建てたいとか資産がもっと準備できてから考えたいというときには、撤去しやすいものを準備して賃貸経営を行うという方法があります。青空駐車場や工事等の際の荷物置きとしての賃貸経営を行うとほとんど費用もかかりません。また、アスファルトで舗装して駐車場としても立体駐車場にさえしなければほとんど構造物もなく、必要に応じて容易に更地に戻すことが可能です。駐車場経営を行うという方法は将来の土地活用を見越しての一時的な活用に有用な方法でしょう。

シュレッダーは情報流出を防ぐために書類などを細かく粉砕する機器です。特に個人情報を扱う場では、修復が出来ないように不定形に粉砕できる機器を選ぶように心がけます。