ネットなどの誹謗中傷対策について考察します!

企業として風評・誹謗中傷対策は必要?

企業は採用情報・株価などに影響が出る為に被害を最小限にする対策を常に講じなければなりません。評判を貶める情報が特定のサイトだけであれば特定の人物だけが閲覧するだけですが、企業名で検索エンジンで調べた際に上位に特定のサイトが出る事で倍以上の不特定多数の目に評判を落とす情報が目に留まります。検索していると受身になり、口頭で聞いてもなんと言う事もない情報でもネットに掲載される事で非常にネガティブな情報になり、他のサイトなどで尾びれ背びれが付く可能性が高くなります。

対策しないとどうなるの?

検索エンジンにて対策を講じないと、有事の際にビジネスチャンスを失い果ては倒産に陥る可能性が十分高くなります。もし検索した企業に対してネガティブな情報に遭遇した際に購入しようと思っていた商品を止める・他社を検討する方が半分以上に上ります。またネガティブな情報を疑う消費者よりも情報を信用する消費者が圧倒的に多い事も事実です。大企業であれば社内で準備できるかもしれませんが中小企業では難しく専門の業者に依頼するケースが殆どです。

どんな方法で対策するの?

対策専門業者の場合は基本的にシステムによる監視以外に目視による監視も行っています。ブログや掲示板など拡散性の高いネガティブ情報が掲載されやすい影響力の大きい情報源に対してコンサルティング活動を行います。他にネガティブ情報が掲載されたサイトの検索エンジン順位(検索結果を2ページ以降の11位以下にする)を下げる事で簡単に対策が出来ます。情報の発信源であるサイトの管理者・書き込み者などのIPアドレスを調査してお知らせするサービスもあります。

2ちゃんねるはむやみにレスを消したりしない掲示板ですので、少し面倒ですが消したいレスがあればヘッドラインを見て2ちゃんねる削除要請をすれば良いです。