買って後悔しないためのLED電球の正しい選び方について

光の照らす角度を考慮する

LED電球は白熱電球と交換するだけで電気代が抑えられてお得ですが、LED電球にもたくさんの種類がありますので最適な物を選ぶことが大切です。LED電球には光の広がる角度が異なるタイプがありますので、使用する場所ごとに選択する必要があります。以前は光の照らされる角度が120度の物しか有りませんでしたが、最近では白熱電球と同様の光の広がりを持ったLED電球も出て来ておりますのでリビングやダイニングにはそのタイプを使用しましょう。トイレや廊下、階段などは従来の120度のタイプの物でも充分です。

雰囲気に合わせた光を選ぶ

灯りの色にもいくつか種類がありますので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。暖かみのある灯りの場合は落ち着いた雰囲気を出すことが出来ますので、寝室などに向いています。女性がメイクを行う場所や家族が集まる場所などは、太陽の光りに近い明るさを持ったLED電球の使用をお薦めします。長持ちするだけに一度購入するとなかなか交換するタイミングがありませんので、購入前には利用状況を想定して選ぶことが大切です。

使用する照明器具に合ったタイプを選ぶ

使用する照明器具に適したLED電球を選ぶ必要があります。口金サイズやワット数は現在使用している白熱電球と同等のタイプを選ぶようにしましょう。LED電球は明るさをルーメンで表記していますので購入時には注意が必要です。また使用する照明器具に調光機能が付いている場合は、調光器対応のLED電球を選ぶ必要があります。もし調光機能に対応していないLED電球を使用した場合にはショートしてしまう恐れも有りますので購入時には間違えないようにしましょう。

LED電球は少ない消費電力で明るく照らすことが出来るので低コストで環境に優しく導入のメリットは大きいです。